相談

離婚や財産分与などの相談は専門知識を持った方に依頼をしましょう

相続放棄を申し立てよう

事故

負の財産まで含まれる

相続とは、正の財産だけを相続するものではありません。負の財産をも相続することになります。被相続人が数千万円や数億円の借金がある場合には、その借金を相続することになってしまいます。非常に重い負担がかかるため、何かしらの対処をしなければなりません。そこで相談したいのが司法書士です。司法書士に相談することで、相続放棄の手続きを行なうことができます。多額の借金を相続することになった場合には、東京の司法書士にまずは相談することをおすすめします。相続放棄とは、家庭裁判所に申し立てを行なう手続きです。自己のために相続が発生したと知ってから3ヶ月以内に申し立てをしなければならないため、早期に司法書士に相談するようにしましょう。

相談して報酬費用を聞こう

東京のほとんどの司法書士は、相続放棄に対応しています。東京の各地にある法務局の周辺に司法書士事務所は多いため、最寄りの法務局まで足を運ぶといいでしょう。また、東京司法書士会に相談することで、司法書士を紹介してくれます。報酬相場は、おおむね1人の相続放棄につき3万円から5万円前後となっています。相続放棄を行なうためには、被相続人の出生から死亡までの除籍が全て必要です。取得する除籍がいくつあるかで報酬が変わるほか、相続放棄をする人数によっても報酬は異なります。ほとんど全ての司法書士事務所は、相談であれば無料で乗ってくれます。費用が気になる場合には、気軽にまずは相談することが重要です。どれくらいの費用がかかるのかも教えてくれるため、安心して依頼することが可能です。